すっぽん小町

すっぽん小町を妊娠中に飲むと得られる4つの効果

妊娠中にすっぽん小町

妊娠中のデリケートな時期は、栄養価の高いサプリメントを飲むことが推奨されています。葉酸サプリなどが有名ですよね。すっぽん小町も妊娠中に飲むと良い効果があるのでしょうか。

美容や健康に効果的なすっぽん小町。女性にとって嬉しい効果・効能が望めます。そこで気になるのが、妊娠中にすっぽん小町を飲んだ時の効果です。この記事では、そもそも妊娠中にすっぽん小町を飲めるのか?といった疑問から詳しく掘り下げていきます。ぜひ参考にして下さいね。

1.すっぽん小町を妊娠中に飲んでもいいの?

まず、気になるのが妊娠中にすっぽん小町を飲んでもいいのか、といったことですよね。結論から言うと、妊娠中にすっぽん小町を飲んで問題ありません。むしろ、飲んだ方が良い効果が現れます。

妊娠中に飲んでも大丈夫な理由は、すっぽん小町が健康補助食品だからです。医薬品ではないため、副作用を気にする心配はありません。ただし、アレルギー持ちの方は、「すっぽん小町にアレルギーはある?」の記事を確認しておきましょう。

また、どうしても心配な方は医師に相談することをおすすめします。すっぽん小町を販売するていねい通販では、医療従事者へのお問い合わせ窓口を設けています。わざわざ病院まで行くのが面倒な方は、こちらに問い合わせましょう。

■医療従事者の相談窓口:0120-556-096

2.すっぽん小町を妊娠中に飲むと得られる効果

すっぽん小町を妊娠中に飲むと、

  • 食欲がわかないときの栄養補給になる
  • 妊娠初期の肌荒れを防止する
  • 体力低下・疲労を回復する
  • 胎児の栄養素になる

の効果を得ることができます。それぞれ詳しく解説していきます。

(1)栄養不足の回避

妊娠中はつわりなどの影響で食欲がわかない時期があります。しかし、妊娠中は妊娠前より450kcalもエネルギーが必要です(厚生労働省調べ)。胎児のためにも栄養補給を怠りたくはありません。すっぽん小町は健康補助食品として分類されるサプリメントです。メインの成分はアミノ酸、コラーゲン、ビタミン。

特にコラーゲンは人の体を形成するタンパク質の3分の1を占めるので重要な成分です。栄養補給だけでなく体調の改善や疲労回復効果もあります。すっぽん小町は栄養価の高いサプリメントです。もちろん、食事を置き換えてしまうのはNGですが、どうしても少食となってしまう場合はすっぽん小町が強い味方となってくれますよ。

すっぽん小町だけで妊娠中に必要な栄養素を補えるわけではありませんが、普段の食事にプラスアルファするにはぴったりのサプリです。つわりが続いて食欲がわかないときも、サプリメントなら手軽に栄養補給ができます。

(2)妊娠中の疲労回復

妊娠中は、非常に体力が落ちやすい時期です。妊娠初期はホルモンバランスが変わるため、いつもよりだるさが倍増。どんなに睡眠を取っても改善しません。また、運動不足による疲れも溜まっていきます。すっぽん小町は、体力・疲労の回復に有効な成分が含まれています。そもそもすっぽんは滋養強壮として有名な食材です。

すっぽん粉末が原材料として使われるすっぽん小町は、体力を失った妊婦さんにはぴったりのサプリメントと言えるでしょう。コラーゲンやアミノ酸はもちろん、ビタミンE・Dや鉄・亜鉛も含まれているため、内蔵疲労にも効果的ですよ。必須アミノ酸により睡眠の質も上がるため、夜にすっぽん小町を飲むと翌朝に疲れが取れやすくなります。

なお、つわりが酷いときはビタミンBのサプリメントを飲みましょう。すっぽん小町のビタミン類には、ビタミンBが無いので別のサプリで補う必要があります。

(3)妊娠中の肌荒れを改善する

妊娠するとプロゲステロンという女性ホルモンが活発に分泌されて肌荒れを起こしやすくなります。プロゲステロンはメラニンの生成も促すのでシミを増加させる危険性まであります。そんな時期に必要なのは根本的な肌荒れ対策。すっぽん小町は真皮層(皮膚の深層部)を構成するコラーゲンを中心に、美肌効果のある成分を多く含みます。

コラーゲンは、皮膚を真皮から支える役割があるため、摂取するとハリや弾力が出てきます。保湿因子であるアミノ酸もすっぽんの主成分です。その他、すっぽん小町には血液をサラサラにするEPAが含まれています。EPAは血液中の老廃物を流すため栄養成分が体に巡りやすいです。間接的な美容効果ですが、重要な成分ですよ。

すっぽん小町には血液をサラサラにするEPAも入っているため、栄養素が体に回りやすくなります。なお、肌荒れに関しては妊娠中だけでなく産後も効果的なので、しばらくはすっぽん小町を飲み続けることをおすすめします。

(4)胎児の栄養補給になる

妊娠中にすっぽん小町を飲むと妊婦さんだけでなく、これから生まれてくる赤ちゃんにも好影響を与えます。その理由は、すっぽん小町にはDHAが含まれているからです。DHAは赤ちゃんの脳神経を発達させることで有名です。すっぽん小町には、一粒で0.8gのDHAを摂取できます。毎日2粒飲むので、摂取量は1.6gです。

DHAの推奨摂取量は1g。つまり、すっぽん小町を普通に飲めば、必要なDHAの摂取量を満たせるのです。DHAは魚に多く含まれますが、食欲がわかないときはすっぽん小町で補いましょう。

3.すっぽん小町は妊活中の女性にもおすすめ

妊娠中の栄養補給や疲労回復に効くすっぽん小町。妊活には欠かせないサプリです。既に妊娠している方には関係ありませんが、すっぽん小町は不妊解消にも効果があると言われています。その理由は、すっぽん小町に含まれる必須アミノ酸が着床率を上げるからです。

仕組みは、必須アミノ酸のアルギニンが血管を拡張。子宮内膜の血流を促進して着床率を挙げていきます。また、卵巣の栄養素となる良質なタンパク質作りに一役買うのも、すっぽん小町の嬉しい特徴です。妊娠しやすい体を作るためには、食事や運動も欠かせません。

食事は、亜鉛と葉酸を中心に良質な食材を取るべきです。運動は簡単なウォーキングやストレッチでもいいので、子宮の血行を促進しておく必要があります。すっぽん小町を飲むだけでいいわけではありませんが、妊活の補助として十分な役割を果たしてくれますよ。

4.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、妊娠中にすっぽん小町を飲んだときの効果について詳しく解説してきました。妊娠中はデリケートな時期なので、体力的にも精神的にも疲れに襲われます。その結果、栄養不足になったり、肌荒れしたりと大変です。

すっぽん小町は薬ではないので完璧に症状を癒すことはできませんが、健康・美容の補助としては十分すぎる機能を果たしてくれます。妊娠中にすっぽん小町を飲んで意味があるのかと考えている方は、ぜひ手にとって試してみて下さいね。

すっぽん小町の公式サイト

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です