すっぽん小町を飲むと太るのか完全検証

すっぽん小町 太る

一部の噂で、すっぽん小町を飲むと太ると言われています。しかし、本当に太るのか明確な根拠が無いためまったく分からない状況です。

この記事では、すっぽん小町を飲むと本当に太るのか詳しく検証していきます。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.すっぽん小町を飲むと太ると言われる理由

そもそも、どうしてすっぽん小町を飲むと太ると言われるのでしょうか。その理由は、すっぽん小町の主成分がコラーゲンとアミノ酸から出来ているからです。特にコラーゲンは肉類に多く含まれることから、摂取すると太ってしまうイメージが付いています。しかし、あくまでそれはイメージの話。まったく根拠はありません。

結論を言うと、すっぽん小町は飲んでも太らないのです。カロリーもまったく問題ありません。次章から、すっぽん小町が太らない理由について詳しく解説します。

2.すっぽん小町はいくら飲んでも太らない

すっぽん小町は飲んでもまったく太らないサプリです。その理由をここから詳しく解説していきます。

理由1 カロリーが無い

すっぽん小町はカロリーが低いです。1袋のカロリーは128.7kcal。1日あたりだと8.6kcal(2粒服用)です。こんにゃく以下のカロリーで、まったく太る気配がありません。また、すっぽん小町はカロリーが低いだけでなく糖質も含まれていません。糖質制限中の方でも問題なく摂取できます。

理由2 コラーゲンは太らない

豚肉などに含まれるコラーゲンは、中性脂肪が付くと思う方がいますが、まったくの勘違いです。コラーゲンに脂肪を増やす作用はありません。また、コラーゲンはタンパク質なのでカロリーもほとんど無いです。

ただし、コラーゲン自体にはカロリーはありませんが、コラーゲンを多く含む食材は取りすぎると別の成分で太る可能性があります。コラーゲン鍋など、様々な食材が含まれている場合は要注意。また、豚肉も調理法によってはタレなどに糖質が含まれます。コラーゲン自体は太りませんが、周辺の食材には気を配る必要があります。

理由3 アミノ酸は太らない

すっぽん小町の主成分であるアミノ酸。こちらもコラーゲン同様に太りません。アミノ酸は筋トレする方がアミノ酸サプリを摂取するためか、体を大きくするイメージがあります。しかし、アスリートがアミノ酸を飲む理由は代謝を挙げて筋肉疲労を早く取るためです。アミノ酸は体を構成するタンパク質の材料なので、筋疲労の回復には欠かせないのです。

つまり、太ることとは無関係というわけですね。ただし、アミノ酸は注意点があります。それは、アミノ酸と同時に糖質を取ると、普段より糖質の吸収率が上がります。体重が急激に増えるほどの吸収率ではないため、あまり心配する必要は無いのですが一応知識として知っておきましょう。

どうしても気になる方は、糖質を含む食事のあとにすっぽん小町を飲むのは控えましょう。

2-4.痩せる可能性の方が高い

すっぽん小町は太るより痩せる可能性の方が高いサプリメントです。飲むだけで体重を大きく落とすのは難しいのですが、成分の必須アミノ酸が基礎代謝を上げることによりダイエット効率が上がります。

運動と組み合わせれば脂肪燃焼効果が上がるので、ダイエッターがアミノ酸サプリを重宝するのも、うなずけますね。ダイエット効果を期待している方は、積極的にすっぽん小町を飲みましょう。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、すっぽん小町を飲むと太るのか詳しく解説してきました。結果は、太るというのはまったくのデマでむしろ痩せる可能性が高いサプリであることが分かりました。すっぽん小町の主成分であるコラーゲンもアミノ酸も太る作用はありません。その他の成分も太ることはまず無いので安心して大丈夫ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です