20代〜30代の老け顔を改善するおすすめ美容アイテム

20代の女性

まだ20代なのに老けて見られる・・・

30代になって急に老け込まないか心配・・・

この記事では、老け顔に悩む20代~30代の方に向けて、おすすめの美容アイテムをご紹介。

また、どうして老け顔になってしまうのか?20代、30代別に老け顔の原因も解説しています。老け顔を改善したい方はぜひ、参考にしてみて下さいね。

1.20代

1-1.老け顔の原因と特徴

まだ大丈夫と思っていたら、あっと言う間に老け顔になってしまうのが20代。気を抜くと30代後半に見られることも。

20代で老け顔になってしまう原因は様々ですが、最近多いのがスマホのいじりすぎとファンデの厚塗り。厚塗したメイクでスマホをいじりすぎると、肌荒れとたるみになります。

さらに、食事はファーストフードやレトルトが中心。また、友達と夜まで遊んで目にクマを作る。10代の気分が抜けずに、そんな生活をしていると、すぐに肌が老化してしまいます。

20代は皮脂過剰から乾燥肌に変わる時期なので、肌ケアを間違えると最悪シミが出来ることも。20代後半になれば、乾燥した肌から毛穴が開き、ほうれい線がさらに深くなるので、さらに老け顔が目立っていきます。

1-2.20代におすすめの美容アイテム

20代の老け顔を改善するには、普段の肌ケアに合わせて以下の美容アイテムが効果的です。

エステナードソニック

エステナードソニックは、ほうれい線、シワ、たるみ、ニキビ肌、くすみ、毛穴、シミなど、あらゆる肌トラブルを解決してくれます。

エステナードソニック一台で、老け顔の原因を作る肌トラブルを改善できるので、非常にコスパがいいです。クレンジング機能も付いているため、普段使用している美容液や化粧水の浸透度も上がります。

ピュア&シルク

ピュア&シルクは口元、目元のシワに特化した美容クリームで、ピンポイントのケアが出来ます。

特にほうれい線は、20代が老けて見える原因No1。ほうれい線の溝が深い方はスペシャルケアとして使用するといいでしょう。

ピュア&シルクを使い続けると、皮膚の内側から肌が張ってくるので、シワの溝が薄くなります。

2.30代

2-1.老け顔の原因と特徴

30歳を超えると体内のホルモンが減少。その結果、どんどんシワが出来て、余計に老け顔が目立ってしまいます。

30代はこの先老け顔になるのか、若く見られるのか分かれ道。20代のとき以上に慎重なケアが必要となります。活性酸素の影響で体が老化するのも30代から加速。

その他、コラーゲン層の奥にあるエラスチンの破壊も始まります。お肌のハリが完全になくなり、深いほうれい線が入れば修復は困難になります。

若く見られるためには、髪の毛やボディケアも大事ですが、まずはベースとなる肌ケアを徹底する必要があります。30代はある程度のお金をかけてでも、アンチエイジング対策をしていくべきでしょう。

2-2.30代におすすめの美容アイテム

エステナードソニック

20代だけでなくエステナードソニックは30代にも効果的です。エステナードソニックを使えば角質層まで美容成分が届きます。

現在使用している年齢肌対策の美容液と併用すれば、浸透力が高いのでより効果がアップします。また、エステナードソニックには水分が不足している部位を自動でキャッチする機能があります。

老け顔の大敵であるお肌の水分不足も改善。やっかいなシミや目元・口元のシワ改善に効果的です。エステナードソニックを使えば、エステに通わず自宅でアンチエイジング対策ができます。

ビーグレン

肌のハリが蘇る、本格的なエイジングケア化粧品のビーグレン。ビーグレンは見た目年齢をマイナス10歳にすることを目的に医学の視点から開発された化粧品です。

特に、老け顔の大敵である、たるみとほうれい線に直接作用。破壊されたコラーゲンやエラスチンを再生することができます。肌再生に定評のあるビーグレン。特にほうれい線とたるみが酷い人にオススメできます。

3.まとめ

いかがでしたか?

20代、30代の老け顔は早く対処すれば、比較的簡単に改善することができます。老け顔を改善できる美容アイテムはプチプラではないため、多少お金はかかりますが、エステなどに行くよりかはコスパがいいです。

1日3分からでも、自宅でケアするようにしてみましょう。1年後、3年後、5年後・・・結果が大きく変わってきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です