おしりニキビを原因から治し方まで全解説

おしりのニキビって本当に厄介ですよね。デスクワークなど、座り仕事が多い人は、特に痛くて辛いです。

おしりニキビは、蒸れやすかったり下着が擦れて傷が付きやすいことから、顔のニキビと比べて治りにくいと言われています。

一体どうすれば、おしりのニキビを治すことができるのでしょうか?

この記事ではおしりニキビの原因から治し方について解説していきます。

1.おしりニキビの原因

おしりニキビは何故出来るのでしょうか。ここではあらゆる原因を解説していきます。

1-1.椅子に座りっぱなし

仕事などで長時間椅子に座ると、摩擦により全体重を支えているおしりの角質は固くなります。そうすると、角質が毛穴を防ぎ、毛穴の奥でアクネ菌が繁殖しやすくなります。

椅子が硬い人はクッションを敷いて作業しなければなりません。

1-2.血行不良

下着の締め付けで血行が悪くなりおしりニキビが悪化する場合があります。自分のサイズに合わない小さい下着を身につけると、摩擦が原因となりやすいです。

血行が悪くなると老廃物が溜まりやすくなり、ニキビの元となるアクネ菌が繁殖しやすい状態になるのです。

1-3.汗・蒸れ

おしりは他の箇所と比べ下着、ストッキング、タイツなど衣服の密着率が高く蒸れやすいため、私たちが思っている以上に汗をかきます。

おしりは顔に比べて皮脂腺は少ないため本来はニキビができにくいのです。しかし、蒸れによって皮脂がおしりの毛穴に詰まりやすくなるためニキビが出来てしまいます。

おしりの蒸れと生理が重なると、さらにニキビが出来やすくなります。

1-4.生理

生理中はホルモンバランスが崩れやすく、おしりはもちろん顔にも大人ニキビができやすい状態となります。

また、生理中はナプキンで蒸れやすくなるため細菌が繁殖しやすいです。その他、生理中のむくみも老廃物や毒素が体にたまり、ニキビの原因となります。

さらに、生理中だけでなく生理前も要注意です。生理前は男性ホルモンと似た働きをする黄体ホルモンの分泌量が増えて、皮脂分泌が過剰になります。

この時期に皮脂のケアができていないとニキビが出来やすくなるのです。

1-5.その他

ホルモンバランスの乱れ、ストレス

精神的なストレスや体の調子が悪いことが原因で、ホルモンバランスが乱れているとおしりニキビができやすくなります。

石鹸の洗い残し

皮膚に対する刺激としてはボディソープ、シャンプー、トリートメントなどの洗い残しが挙げられます。

ターンオーバーの乱れ

おしりに限らずニキビ全般に言えますが、ターンオーバーが乱れている可能性があります。ターンオーバーが乱れると、古い角質が肌の表面に溜まり、ニキビをはじめとした肌トラブルを起こします。

2.おしりニキビの治し方

2-1.通気性の良い下着に変える

おしりニキビを治す第一歩は、下着を通気性の良いタイプに変えることが基本です。おしりが蒸れない、綿100%タイプ、ボクサータイプ、コットンパンツがおすすめです。

それでもおしりに汗をかく場合は、トレイに入ったときに拭きとりましょう。

2-2.いつもより30分早く寝る

ニキビに対しては生活習慣を整えることが大事ですが、今までの習慣を変えるのは簡単ではありません。

そこでおすすめしたいのが睡眠の改善です。質の良い睡眠はターンオーバーの乱れやストレスの軽減に繋がります。

目安としてはいつもより30分早く寝ることを心がけるといいでしょう。睡眠が整えば自然と食事も整っていき、生活全般に好影響を与えます。

睡眠不足の方は寝る時間を早める以前に、睡眠時間の確保が最優先です。睡眠が不足すると肌の新陳代謝ができません。新陳代謝が出来なくなると、ターンオーバーが乱れてアクネ菌の繁殖に繋がります。

夜更かししている方は午後10時から午前0時の間に就寝できるよう心がけましょう。

2-3.ニキビに効果的な栄養素を摂取する

ニキビに効果的な栄養素を摂取するには毎日の食事に気を配らなければなりません。特にビタミン類は必須です。劇的な効果は見込めませんが、食事に気をつけることで少しずつニキビを減らすことができます。

ニキビに効く栄養素

■ビタミンA

  • 効果:ニキビに対する免疫力を高める
  • 主な食材:カボチャ、ウナギ、レバー、ニンジン

■ビタミンB

  • 効果:脂質の代謝を促す
  • 主な食材:
    (ビタミンB2)レバー、納豆、チーズ、アーモンド、マイタケ、卵
    (ビタミンB6)マグロ、カツオ、レバー、鶏肉、ササミ、サバ、バナナ、サンマ

■ビタミンC

  • 効果:ニキビの原因となる活性酸素を除去する
  • 主な食材:ピーマン、ブロッコリー、菜の花、ホウレンソウ、キウイ、イチゴ、柑橘系

■ビタミンE

  • 効果:ニキビの原因となる活性酸素を除去する
  • 主な食材:タラコ、スジコ、モロヘイヤ、カボチャ、シーチキン

■亜鉛

  • 効果:皮膚の再生を促す
  • 主な食材:カキ、パルメザンチーズ、煮干し、豚レバー、タラバガニ

上記に上げた食べ物を毎日1品は取り入れるように心がけましょう。

逆にニキビに悪い食べ物は以下の通りです。

  • 揚げ物
  • スナック菓子
  • 糖類(ケーキ、チョコレート、クッキー)
  • 辛い食べ物
  • お酒類

揚げ物やスナック菓子は油分が多いため、ニキビが発生しやすくなります。サラダオイルでも油分が多いタイプは気をつけましょう。

その他、ファーストフードは毛穴を詰まらせやすいです。糖類も消化されるときに油分へと変わり、最終的に皮脂となるので要注意です。

辛い食べ物は胃を荒らす原因となります。また、ニキビの炎症を促進してしまうデメリットもあります。

ニキビにとって悪い食べ物は嗜好品ばかりです。いきなり、すべても減らすのは難しいので、まずは上記に上げた食べ物を食べ過ぎないように気をつけましょう。

2-4.ボディブラシを使用する

ボディブラシは普段のケアでは取れない汚れや石鹸の洗い残しを除去してくれます。

また、ボディブラシを使うと皮脂腺を適度に刺激することがマッサージ効果となり、皮膚の自然な保湿を促してくれます。

ボディブラシを選ぶ際はナイロン製の商品は避けましょう。毛質が柔らかく刺激の少ない天然素材のボディブラシがおすすめです。使用するときは、ごしごしと強い刺激を与えずに、優しく使用しましょう。

2-5.おしりニキビ専用のクリームを使う

最も即効性が高いのが、おしり専用で低刺激タイプのケアクリームを使うことです。ケアクリームを使えば、おしりニキビを引き起こす乾燥や栄養不足に対処。

おしりニキビの改善だけでなく、新たなニキビの発生も抑えてくれます。おしりニキビ専用のケアクリームはあまり多くありません。

最もおすすめできるのは、おしりニキビ専用クリームとしてロングヒットを続けるピーチローズです。日本製の商品で医薬部外品として指定されています。

ピーチローズの特徴

ピーチローズはナノ化されたヒアルロン酸やアロエエキスが肌に浸透。非常に高い保湿力で厚くなった角質にアプローチしてくれます。

その結果、肌のターンオーバーが正常化し、徐々におしりニキビが減っていくのです。また、ニキビ跡に対する効果も期待できます。

化学物質(合成香料、着色料、鉱物油、パラベン、アルコール)は無添加なので敏感肌でも大丈夫です。

美白成分も含まれているため、黒ずみの改善効果もあります。その他、セラミド、ビタミンE、コラーゲンが配合されています。

ピーチローズは本格的なケアクリームなので価格は安くありませんが、60日間の返金保証が付いています。

3.まとめ

いかがでしたか?

おしりニキビと言っても、まだ範囲が小さいからそのうち治るだろう。と放っておくと、おしりニキビは色素沈着を起こして黒ずみへ進化する可能性があります。

黒ずみになるとより治すことが難しいため、おしりニキビは早期に治すことが大切です。おしりニキビに悩んでいる方は、この記事を参考に改善してみましょう。深刻な状態の方は皮膚科へ受診されることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です