背中ニキビより辛い色素沈着を自宅で治す方法

背中の色素沈着を何とかしたい・・・

色素沈着はニキビよりも厄介です。一度消えると簡単には消えません。

この記事では、自宅で出来る色素沈着のケア方法をご紹介します。根気よくケアすれば色素沈着は必ず薄くなりますので、お悩みの方はぜひ参考にしてみて下さいね。

※症状が酷い方は皮膚科で受診しましょう

1.背中に色素沈着ができる原因

なぜ背中に色素沈着が出来てしまうのでしょうか?

1-1.背中ニキビの悪化

色素沈着を起こす最も大きな理由としては、背中ニキビの悪化が挙げられます。背中ニキビは顔と違って、普段見えない箇所にあるためニキビ跡になるまで放置しやすいです。

背中ニキビが悪化すると患部が化膿します。その結果、茶色や赤紫色の色素沈着を起こしてしまうのです。

1-2.背中に強い刺激を与えた

身体を洗う時にタオルでゴシゴシと肌を強くこすってしまう、かゆみを取るために掻きすぎてしまう、など皮膚に刺激を与えすぎて色素沈着を起こしてしまった可能性があります。

また、石鹸、ボディーソープ、シャンプーなどの洗い残しも背中に刺激を与え炎症を起こす可能性があります。

通常は肌のターンオーバーによって、色素沈着は薄まりますが、炎症が酷くなると肌のターンオーバーが崩れて色素沈着が残ってしまいます。さらに、炎症した皮膚は色素沈着の元となる、ニキビ跡やシミを作ってしまいます。

1-3.紫外線

紫外線によるダメージで色素沈着を起こす可能性があります。露出の多い服装を着たときや海・プールに行ったとき、背中に日焼け止めを塗るなどケアを怠ると、色素沈着が起きやすいです。

また、露出が小さい服でも、夏服は生地が薄いため紫外線は衣類を通過して肌に届く場合があります。顔や衣服から出ている手足は紫外線対策がばっちりという方も、背中まで対策ができている人は中々いませんよね。

背中に紫外線のダメージが溜まると色素沈着が出来てしまうのです。背中を出していないから安心している方も要注意です。

1-4.ホルモンバランスの乱れ

女性は生理前や妊娠期にホルモンバランスが崩れる場合があります。ホルモンバランスが崩れると、メラニン色素が増えやすくなり、色素沈着を起こす可能性があがります。

1-5.黒ずみがひどい人の場合

背中の色素沈着が黒ずみとなっている方は、皮脂の過剰分泌が関係しています。背中は私たちが想像しているよりもはるかに汗をかきます。

さらに、皮脂の分泌量も顔と同じくらい背中には分泌されると言われています。背中の皮脂は顔と違ってケアが行き届いていない可能性があります。

寝ている間の汗や落としきれなかった皮脂は、衣類との蒸れも重なって、背中の毛穴に皮脂や汚れを溜めてしまいます。

溜まった皮脂や汚れが酸化すると、毛穴は詰まり角栓ができます。毛穴に出来た角栓は放っておくとやがて黒ずんできます。

毛穴が詰まるとアクネ菌も増殖するため、背中ニキビが出来る原因にもなります。正しくケア出来なかった背中ニキビはニキビ跡となり、さらに色素沈着を増やしてしまいます。

1-6.背中にニキビが出来ている場合

背中に色素沈着だけでなく、ニキビが出来ている方は毛穴に汚れや皮脂が詰まっている可能性が高いです。皮脂が毛穴に溜まりすぎると吹き出物となります。

白くなっているニキビ

毛穴に皮脂が溜まった結果、白いニキビが生まれてしまいます。比較的できたてのニキビが白いです。この状態の時にニキビを治すと跡が残らず綺麗に無くなります。

黒くなっているニキビ

白ニキビから時間が経つと、酸化が進んで黒ニキビとなります。この状態でも白ニキビ同様、綺麗に治ります。

赤くなっているニキビ

白ニキビや黒ニキビの菌が増えて炎症を起こすと赤ニキビになります。炎症を起こしてしまうと、痛みも出てくるので完治までには時間がかかってしまいます。

一度できてしまったニキビ・吹き出物は、衣服に擦れてどんどん荒れてしまうので早めの処置がポイントとなります。

2.背中の色素沈着を治す方法

背中の色素沈着は、毛穴を集中的にケアする必要があります。色素沈着が出来ている方は毛穴の上に古い角質が溜まり、毛穴の奥でアクネ菌が増殖している可能性が高いです。肌の状態は正常ではありません。

さらに、ターンオーバーが崩れているため、新しい皮膚が肌の表面に出ることはなく、色素沈着が解消されません。ですので、まずは毛穴ケアをしっかりと行い、ターンオーバーを正常に戻します。

ターンオーバーが正常に働いている場合は、肌内部に溜まるメラニン色素が表面に押し上げられて排出されます。

肌のターンオーバーを戻すためには、

  • ピーリング
  • 保湿ケア

が重要です。

ピーリングは、古くなった角質を剥がすことで、新しく綺麗な皮膚を表面に出すことを促します。ピーリングを購入する際は肌に優しい低刺激の商品を選びましょう。

保湿ケアは、美白効果やメラニン生成を抑制する効果があるジェルを使用します。次の章からおすすめの保湿クリームをご紹介します。

3.背中の色素沈着を治す保湿クリーム

3-1.ジュエルレイン

美白効果が高く色素沈着に効果的なジュエルレイン。吹き出物や背中ニキビも改善できる医薬部外品の保湿クリームです。

ジュエルレインは、

  • 皮膚の炎症を抑えるグリチルリチン酸2K
  • 肌荒れをケアするセラミド
  • 肌を内部まで保湿するヒアルロン酸
  • メラニンの発生を抑えて色素変化を整える水溶性プラセンタ
  • 美容成分の浸透性を上げる水溶性コラーゲン

が含まれています。

着色料や鉱物油、アルコール、合成香料は無添加で日本製です。効果が出なければ60日以内に申請した場合に限り全額返金をしてくれます。

4.色素沈着が薄くなったら使いたい化粧水

背中の色素沈着が薄くなったら、以下の化粧水を使うと繰り返す色素沈着を予防できます。

4-1.ビーグレン

ビーグレンは背中に色素沈着が起こす原因となる背中ニキビを予防してくれます。ビーグレンは、ニキビによる色素沈着を防ぐために優れた美白効果と肌の修復効果が高いビタミンCの力を利用しています。

ビタミンC配合の化粧水は他にもありますが、通常の化粧水は肌本来が持つバリア機能が働き、角層まで届きません。

しかし、ビーグレンでは医学の観点で開発した独自の浸透システムで、ビタミンCを皮膚の奥まで届けてくれます。その結果、色素沈着を防ぐことが可能です。

4-2.リプロスキン

リプロスキンは、ニキビケア専用のブースター化粧水として開発された製品です。色素沈着の原因となるニキビの発生を予防します。

リプロスキンは肌を美しく保つための8つの美容成分を配合。中でも色素沈着に効果を発揮するのはダーマホワイトです。ダーマホワイトはメラニンの生成を抑えて、シミの発生を防ぐ働きがあります。

背中の色素沈着が薄くなったら、毎日のスキンケアとして使いたい化粧水です。

5.背中の正しいケア方法

あなたは普段の背中ケアをどのように行っていますか?ここでは、正しい背中のケア方法をご紹介します。

5-1.間違ったやり方

背中は目の届かない場所なので洗い方が雑になりがちです。よくあるのが、ナイロンタオルを使ってゴシゴシと強くこすってしまう行為。

皮脂を取り除こうと強く洗ってしまうと、逆に肌を痛めてニキビや吹き出物ができやすくなります。

5-2.正しいやり方

背中の洗い過ぎはNGです。正しいケア方法は背中も顔と同じようなケアをすることです。

ポイントは、

  • 清潔に保つ(皮脂を溜めない)
  • 保湿をしっかりする
  • 強い刺激を与えない

の3点です。

この3点に気をつけていれば背中ケアの基本は問題ありません。

背中を内部からケアをする場合は、

  • 皮脂の分泌を抑えてくれるビタミンB1、ビタミンB2
  • メラニン色素を抑えるビタミンC
  • 肌の回復させる効果がある亜鉛

を摂取しましょう。

どれもサプリメントとして市販のドラッグストアで購入できます。

6.まとめ

いかがでしたか?

背中の色素沈着は簡単に消すことはできませんが、しっかりとケアをすれば確実に薄くなっていきます。

ひどい場合は皮膚科に診てもらうべきですが、軽い症状の方は自宅で十分にケアすることが可能です。この記事を参考に、ぜひ綺麗な背中を手に入れて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です