30代でニキビに悩む方におすすめの化粧水3選

30代になれば、10代、20代に比べて肌が乾燥しやすくなります。また、乾燥しやすいのに皮脂が増加。ニキビが出来やすい肌になってしまいます。

30代のニキビは何度も繰り返しますしニキビ跡になると消えにくくなります。この記事では30代のニキビケア対策におすすめの化粧水をピックアップ。敏感肌でも使える肌に優しいニキビ対策化粧水をご紹介していきます。

1.乾燥肌の原因

乾燥肌とは角質層の水分量が不足している状態を指します。肌の水分量が30%を下回るとバリア機能が徐々に壊れていきます。

バリア機能が低下すると、必要な水分を維持することができなくなり、乾燥はより酷くなります。最近では、皮脂が過剰に分泌されて肌の内側が乾燥するインナードライスキンの方も多くなっています。

2.30代のニキビに効く化粧水

2-1.リプロスキン

  • 価格 6300円(定期購入4480円)
  • 内容量 100ml

92%の方がリピート購入しているリプロスキンはニキビ専用の無添加化粧水です。敏感肌でも安心して使用できます。導入型柔軟化粧水(肌のph値を一時的に変化させる)であるリプロスキンは、使用し続けるうちに肌が柔らかくなっていくのが特徴的です。

30代になると、古い角質が邪魔をして、せっかくのニキビケア成分がなかなか浸透しません。しかし、リプロスキンなら肌を柔らかくしてニキビケア成分が浸透しやすい肌にしてくれます。

また、ターンオーバーが整うため古い角質を皮膚表面から剥がし、ニキビやニキビ跡で傷んだ肌を綺麗にします。

内容量は100mlで1本あたり2ヶ月程度持ちます。60日間の全額返金保証が付いている点もおすすめできるポイントです。

30代の口コミ

  • サラサラで馴染みやすいです。ニキビが出来にくくなりました。
  • 使い始めてからニキビが引いてきました。
  • ニキビ跡が薄くなりました。凸凹している部分も少しずつ良くなってきました。
  • 1本目を使い終わる辺りでニキビ跡が消えてきました。ほとんど目立たなくなって良かったです。
  • ニキビをよく潰していましたが、リプロスキンに変えてから潰さなくなりました。
  • 毎日、朝晩使っていたらニキビ跡が薄くなりました。
  • 乾燥肌ですがしっかり保湿してくれます。刺激もないので助かります。

2-2.オルビス

  • 価格 1260円(トライアル)
  • 内容量  40ml(洗顔料20g、保湿液14g付き)

3000万本以上の売上を誇るオルビス。人気の理由は乾燥肌を保湿しながらニキビの原因となる油分をカットできる点です。特に大人ニキビに定評があります。

オルビスは和漢と呼ばれる漢方植物でニキビにアプローチ。即効性はありませんが、長期的にニキビが出来ない肌に変えていきます。また、7つの漢方が配合されていて、肌荒れを防ぐ効果もあります。

付け心地はサッパリとしていています。初めてオルビスを使う方は、3週間試せるトライアルセットがおすすめです。

30代の口コミ

  • 成分も良くて価格も手ごろ。効果は徐々に出てきました。
  • 値段が安くてたっぷりと使っています。保湿が足りない日は、重ね塗りで対応。
  • 30代になって乾燥が気になり出したので購入。効果てきめんでした。
  • 大人ニキビで困っていましたが、ニキビが出来にくくなりました。
  • コスパがいいです。肌もふっくらとしてきます。
  • 生理前に出来ていた顎のニキビが出来なくなりました。効果を感じたのは2か月目からです。

2-3.プロアクティブ

  • 価格 トライアル3900円
  • 内容量 60ml(洗顔料60ml、クリーム20g付き)

日本で最も有名なニキビケア化粧品であるプロアクティブ。使う心地はサッパリしていますが、保湿力が高いです。

科学的に分析された成分をバランスよく配合。化粧水だけでなく、洗顔料や保湿クリームも合わせてトータルケアが可能です。使用し続けると、肌のサイクルが整い、理想的なターンオーバーを実現します。

デメリットとしては、強い成分が入っているため、敏感肌の方はピリッとする可能性があります。初めてプロアクティブを試す方はトライアルセットがおすすめです。60日間の全額返金保証もあり、リスク無しでお試しできます。

30代の口コミ

  • 大人ニキビが小さくなりました。小鼻の角栓も綺麗に取れました
  • サッパリしていますが全然つっぱらないです。全然乾燥しないです。
  • 肌のざらつきが取れます。ツルツルになって嬉しいです。
  • 鼻にできていた大人ニキビが、良くなりました。さっぱりしていて気持ちいいです。
  • ストレスでニキビが出来やすかったのですが、スッキリしました。
  • ちょっと刺激がありましたが、肌が綺麗になったので良かったです。

3.30代のニキビケア

10代、20代にできるニキビは、皮脂分泌が活発になることが原因です。成長ホルモンが活発になることで、皮脂腺が刺激されます。その結果、アクネ菌が繁殖してニキビができてしまうのです。

ですが、30代になればホルモンバランスは整ってきます。そして、皮脂の分泌よりも、肌の乾燥が原因でニキビができるケースが多くなります。

3-1.30代はターンオーバーが大事

乾燥以外で30代に多いニキビの原因がターンオーバーの乱れです。ターンオーバーとは28日周期で肌が生まれ変わること。

肌が綺麗な人はターンオーバーが正常である証拠です。ターンオーバーを整えるには、 基本として夜の10時までに化粧を落とすことが理想的です。

そして、夜は運動しない方がいいです。夜に運動を行うと肌のターンオーバーに使われるエネルギーがなくなってしまいます。

睡眠は10時から24時の就寝がベスト。食事はビタミンを多くとりましょう。人参・ホウレンソウ、小松菜、鶏ささみ、まぐろ、ジャガイモ、みかん等がおすすめです。

スキンケアも非常に大事です。洗顔をする時は、絶対に肌をこすらないこと。タオルドライも優しく押し当てましょう。洗顔後は、化粧水をなるべく早く塗ります。

化粧水を塗った後は乳液をしっかりと付けましょう。ターンオーバーが整うと、ニキビが出来にくい肌に近づいていきますよ。

3-2.30代の敵!膿ニキビの治し方とは?

30代にとって厄介なのが膿ニキビ(黄ニキビ)です。毛穴の中に膿がたまっている状態なので、炎症と化膿が同時に起きています。

膿ニキビを治すには、洗顔、保湿、炎症を抑える、ことを重点的に行う必要があります。まず、洗顔で注意すべきは、必要な皮脂まで落とさないことです。

肌には一定量の皮脂が必要になりますから、強力な洗浄成分で全て落としてしまっては逆にバリア機能を壊すことになりかねません。

肌の水分バランスを正常に整えてあげるだけでも、ニキビ対策になります。また、炎症を抑える成分が入っている化粧水を付けることも大事です。皮脂と水分のバランスを整えて、膿ニキビを治しましょう。

3-3.膿ニキビは潰しても大丈夫?

膿ニキビを潰すことは絶対にやめましょう。膿ニキビを潰すと、新たな傷口を作ってしまい、そこに細菌が入る恐れがあります。真皮層までダメージが出来ると、自然治癒は難しくなります。

さらに、ニキビ跡が残ってしまう可能性があります。

ファンデーションはニキビを悪化させる?

ニキビ肌にファンデーションを塗ると、余計にニキビは悪化します。ファンデーションの中には、界面活性剤や防腐剤、香料、シリコンが含まれている可能性があり、これらの成分が肌に刺激となります。

また、毛穴を埋めるタイプのファンデーションの場合、ファンデーションが皮脂の汚れと混じりあって毛穴に詰まると、ニキビを悪化させる要因になります。

これはファンデーションを塗ることで通気性が悪くなるからです。油分の多いファンデーションは、クレンジングの際に皮膚を傷めたり、肌を守る機能を失わせてしまう場合もあります。

すっぴんでいることがニキビ対策にはなりますが、ファンデーションを付けないまま生活するのは難しい場合もあります。

そこで、ニキビ対策としておすすめなのがミネラルファンデーションです。ミネラルファンデーションは、天然のミネラルで作られていて、防腐剤やオイルなど肌に悪い影響を与える成分が入っていません。

そのため、皮膚に炎症が起きているニキビ肌の方でも安心して使用することが可能です。

4.まとめ

仕事や家庭のことで忙しい30代は、短時間でも効率よくニキビ対策を行う必要があります。普段使っている化粧水をニキビケア化粧水に変えることは、最も効率的なニキビ対策となります。

コラーゲン量の減少やターンオーバーの乱れが目立ち始める30代。当然、大人ニキビをはじめ肌トラブルも多くなってきます。

いつまでも綺麗な肌でいたい・・。そんな方は、この記事を参考に普段のスキンケアを見直してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です