デリケートゾーンをシェーバーで処理する方法

シェーバー

デリケートゾーンはシェーバーで処理して大丈夫なのかな・・・

女性なら誰もが気になるアンダーヘアの処理。はみ出ていたり、チクチク飛び出していたりすると恥ずかしいですよね。この記事では、シェーバーでデリケートゾーンの処理をする際のやり方や注意点をまとめました。アンダーヘアをシェーバーで綺麗に整えたい方はぜひ参考にしてみて下さいね。

1.デリケートゾーンをシェーバーで処理するには?

1-1.慎重にカットすることが大事

デリケートゾーンは刺激に弱く、肌荒れや色素沈着を起こしやすい箇所なので、カミソリや毛抜きはおすすめできません。シェーバーを使えば、肌への負担を抑えながら自己処理をすることができます。

シェーバーでデリケートゾーンを処理する際は、肌の角質層を傷つけず毛の長さや面積を変えていきます。長さを変える場合は、熱の力で毛先を丸くカットするヒートカッターも併用すると綺麗な仕上がりとなります。

※カットするのはVラインだけ

IOラインは自己処理が難しいです。安全のためにシェーバーの使用はオススメできません。IOラインを自己処理したい場合は、無添加の脱毛ワックスを利用しましょう。

1-2.シェーバーを使うメリット・デメリット

メリット

電気シェーバー肌に負担をかけずムダ毛処理が可能です。また、短時間で広範囲のムダ毛を処理することができます。刃を交換する頻度も少ないのでカミソリよりも経済的です。

デメリット

さらに、電気シェーバーは金属製なので、金属アレルギーを持っていると肌が荒れてしまう恐れがあります。また、産毛や細いムダ毛まで処理することはできません。その他、電気シェーバーは刃を交換する頻度が低いのですが、T字のカミソリに比べて高価となります。

1-3.シェーバーの使い方

①前処理をする

シェーバーで処理したい箇所を確認します。そして、処理中に毛を巻き込ませないために、ハサミかヒートカッターで毛を短くカットします。

②シェーバーを当てる

蒸しタオルを当てて軟らかくした毛にシェーバーを当てていきます。剃り残しはチクチクする原因となるので丁寧に当てましょう。

③しっかり保湿する

シェーバーは肌への負担が少ないとは言え全く傷付かない訳ではありません。処理後はアフターケアとして保湿が重要です。保湿を怠ると角質層にダメージが残り、雑菌の繁殖や黒ずみの原因となります。

1-4.カミソリは使用しない方がいい

ムダ毛処理でカミソリを使う場合は、T字のカミソリが主流で2~5枚の刃がついています。カミソリは枚数が多いほど肌への負担を減らすことができます。カミソリは肌に対するダメージが大きく、摩擦や炎症を起こしやすいです。デリケートゾーンに傷が付くと危険なので、カミソリの使用は控えた方がいいでしょう。

特に、I・Oラインには絶対にカミソリを使わないようにしましょう。

2.デリケートゾーンの処理に使えるシェーバー

2-1.肌に優しい電気シェーバーがおすすめ

デリケートゾーンのムダ毛を処理するためにシェーバーを新たに購入するのであれば、できるだけ肌に優しいシェーバーを選ぶように心がけましょう。一般的に販売されているカミソリやシェーバーではなく、電気シェーバーを使うのがオススメです。コスパを気にするなら、乾電池式よりも充電式の電気シェーバーがオススメです。

電気シェーバーは直接刃が肌に当たらないので、デリケートゾーン用のシェーバーとして利用するのに適しています。電気シェーバーを使ったデリケートゾーンのムダ毛処理は、肌荒れを防ぐことができます。

2-2.予算があれば家庭用脱毛器が最適

シェーバーではムダ毛を一気に処理することが難しく、何回も同じ場所を往復する必要があります。時間をかけずにデリケートゾーンのムダ毛処理をしたいのであれば、予算はかかりますが家庭用脱毛器がオススメです。家庭用脱毛器は脱毛サロンの機器と同じような効果があり、黒い毛にしか反応しません。

さらに、短時間で広範囲のムダ毛を処理することができるため、デリケートゾーンのムダ毛処理に適しています。

VIO(デリケートゾーン)を自己処理できるおすすめ脱毛器

3.シェーバー処理する時の注意点

肛門周りには大腸菌をはじめとする多くの雑菌がたくさんいますので、必ずお風呂上がりなど肌が清潔な状態で処理してください。入浴中でも使えるシェーバーがありますが、角質層がふやけて傷つきやすくなっているため、オススメできません。入浴後、保湿されて乾いた状態の素肌に使用するようにしましょう。

また、生理中や体調が悪い時にデリケートゾーンの処理はやめておきましょう。デリケートゾーンで最も処理が難しく、繊細なのはIラインです。Iラインのムダ毛処理には生理痛や生理かぶれが治まるといったメリットもありますが、性器周辺で見えにくく、皮膚が伸びないため処理がしにくいのです。

Iラインを自己処理する時、無理をせずカットだけで自然な形にできないか見直してみましょう。シェーバー処理後すぐに入浴をするのはNGです。お風呂に溜まったお湯に雑菌がいる可能性があります。傷ついた肌へ雑菌が入り込む可能性を避けるため、自己処理後すぐに入浴することは避けてください。

4.まとめ

いかがでしたか?

デリケートゾーンにシェーバーを使う時は、肌を傷つけないように細心の注意を払いましょう。基本的にはVラインのみの使用がおすすめです。綺麗にデリケートゾーンを脱毛したい場合は、「脱毛サロン」か「医療脱毛」でデリケートゾーンをプロに処理してもらうといいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です