若返りの最終手段!ほうれい線に効く化粧品を比較

ほうれい線

鏡を見るたびため息が出てしまうほうれい線。早い段階でケアを始めないと、さらに溝が深くなってしまいます。

ほうれい線は顔の印象が老けて見えてしまうので、しわが深くなる前にしっかりとケアをする必要があります。

ほうれい線を消すための化粧品は豊富にあります。しかし、商品が多すぎてどれを選んだらいいのか分かりませんよね。

そこで今回は、ほうれい線に効果的な化粧品を厳選。ほうれい線に効く化粧品をお探しの方はぜひ参考にしてみて下さいね。

1.ほうれい線を消す化粧品を選ぶポイント

1-1.エイジングケアができる化粧品を選ぶ

ほうれい線にはコラーゲンやエラスチン、ビタミンC誘導体などの成分が効果的です。これらの成分は肌の弾力を高める効果があり、ハリ感をアップすることもできます。

さらに、ビタミンC誘導体は肌の老化を抑える抗酸化作用が高く、コラーゲン生成を助ける働きもあります。
エイジングケアができる化粧品を選べば肌にハリを与えて、ほうれい線を目立たなくすることが可能です。

1-2.保湿成分がたっぷり含まれている化粧品を選ぶ

ほうれい線ができる原因は肌の乾燥も関係しています。年齢を重ねていくうちに肌は乾燥しやすくなります。
保湿成分が十分に足りておらず、乾燥肌で悩む女性は多いです。

ほうれい線をなくすためには保湿成分が、たっぷりと含まれている化粧品を選ぶ必要があります。乾燥を防げることでほうれい線の悪化を防ぐことができます。

1-3.浸透力が高い化粧品を選ぶ

良い成分が化粧品に含まれていても、肌に浸透していかなければ意味がありません。そのため、良い成分が配合されている化粧品の中でありながら、浸透力に優れている化粧品を選ぶことが重要となります。

浸透力が高い化粧品はナノ成分を配合している場合が多いです。ナノ成分の表記がある化粧品を優先して選ぶようにしましょう。

2.ほうれい線に効く化粧品

2-1.アヤナス

アヤナスは肌のハリをアップする成分が豊富に配合されています。さらに、高保湿成分であるセラミドナノスフィアが配合。

美容成分を肌の深層まで届けられることが可能です。敏感肌や乾燥肌の方でも使用することができ、効果的にほうれい線を消すことが可能です。

2-2.ビーグレン

ほうれい線を消す化粧品として定評のあるビーグレン。肌のハリをアップさせる効果が非常に高いです。

また、ビーグレン独自の浸透テクノロジーによって、角質層まで有効成分を届けられる設計となっています。ビーグレンは肌を引き締める効果が高いので、たるみが原因でほうれい線ができている方に特におすすめです。

2-3.アスタリフト

アスタリフトはエイジングケアができる化粧品として有名。コラーゲンをたっぷりと配合しているのも人気の秘訣です。

浸透性の高いコラーゲン粒子が配合されているため、肌のハリをアップさせることが可能です。効果的にハリをアップすれば、肌の内側からほうれい線をなくすことができます。

3.乾燥以外でほうれい線が出来る原因

口の横にできてしまうほうれい線は一気に年齢を感じさせますよね。女性であれば誰もがほうれい線をなくしたいと考えているでしょう。

しかし、ほうれい線ができる原因が分からなければ対策を練ることは難しいです。そこで今回は、ほうれい線ができる原因について詳しく解説します。

3-1.表情筋の衰え

顔全体には表情筋が付いています。表情筋は頬にハリを維持させるために重要な筋肉です。若い時は表情筋が衰えていないため、ほうれい線ができる心配は少ないです。

しかし、表情筋は加齢や食生活の影響(柔らかい食べ物ばかりを食べる)で、どんどん衰えてしまいます。また、笑わずに無表情でいることも、表情筋が衰える原因です。

表情筋が衰えていくと、頬のハリを支えられなくなり皮膚が垂れ下がります。口角の皮膚が垂れ下がると、そのままほうれい線となるのです。

3-2.過剰なダイエット

過剰なダイエットを繰り返すと皮膚がたるみやすくなり、ほうれい線ができやすくなります。過剰なダイエットで急激に痩せると、顔の脂肪も一気に減少。その結果、たるみが発生してほうれい線となるのです。

3-3.肩こり

ほうれい線と肩こりはあまり関係ないように感じますが、肩の血行が悪くなると老廃物が溜まりやすくなり顔にむくみが発生します。

そして、顔のむくみが続くと、ほうれい線が出きる原因となります。頬杖をつく癖のある人は血行が滞ってしまうため、肩こりが起こりやすいです。

パソコンの長時間操作や、悪い姿勢でテレビを見続けるなども肩こりの原因となり、最終的にほうれい線ができやすくなります。

3-4.ターンオーバーの乱れ

肌が生まれ変わるターンオーバーが乱れると、ほうれい線ができやすくなります。健康的な方のターンオーバーは、通常28日周期で行われます。

しかし、ターンオーバーが乱れる(周期が遅くなる)と、肌が生まれ変わる速度も遅くなります。肌の再生速度が遅くなると皮膚の乾燥が進み、潤いやハリが失われます。

その結果、ほうれい線ができやすくなります。また、ターンオーバーの乱れは、ほうれい線だけでなくメラニン色素が肌に残るためニキビやシミな肌トラブル起こります。

3-5.その他

40代を過ぎた女性はコラーゲンが不足するため、ほうれい線ができやすくなります。また、紫外線もコラーゲンの生成量を落とすため、ほうれい線を作る原因となります。

4.ほうれい線コラム

4-1.30代から始めるほうれい線予防策

まず必要なのはUVケアです。肌は紫外線の影響を受けると肌のハリを守るコラーゲンやエラスチンが減少します。外に出ない日でもUVカットのファンデーションや日焼け止めを使いUV対策を行いましょう。

毎日の保湿もほうれい線予防には欠かせません。30代からだんだんと肌は潤いをなくします。肌が乾燥するとしわやたるみの原因を作るため、洗顔後は必ず化粧水や乳液を使ってしっかり保湿してください。

さらに、ほうれい線を予防するためにおすすめなのが顔のエクササイズです。年齢を重ねると大声で笑うなど大きく表情を動かすことが減り表情筋が衰えます。大きな口を開けて発音するなど、口角を上げ下げして表情筋を鍛えましょう。

4-2.育児疲れとほうれい線の関係

育児疲れはほうれい線に大きな関係があります。特に赤ちゃんの世話をしている母親は、質のいい睡眠が取れずにターンオーバーが乱れてしまいます。

また、育児中は精神的にもストレスがたまります。体の調子を崩し、ターンオーバーも乱れると肌はたるみを引き起こし、ほうれい線を作ってしまいます。育児中はどんなに忙しくても、保湿をしっかり行いほうれい線を対策しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です