VIO(デリケートゾーン)を自己処理できるおすすめ脱毛器

デリケートゾーンを脱毛器で自己処理したい!

デリケートゾーンの脱毛といえば、脱毛サロンが思い浮かびますが、脱毛器を使えば自宅で簡単に処理できます。値段も脱毛サロンと比べてお得ですし、仕上がりも綺麗です。

デリケートゾーンがツルツルになれば、清潔感を保てるうえ、生理の時も綺麗に。パンツから毛がはみ出ることもありません。あるいは、彼氏のために処理したい方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、問題なのは、どの脱毛器を使えばいいのか?

脇や足なら、そこそこ良さそうなものを購入すればいいですが、デリケートゾーンとなると何でもいいわけでなありません。

下手に中途半端な脱毛器を買ってしまうと、青々しさが残ってしまい、ジョリジョリに・・。パンツの表面から短い毛が飛び出してしまう可能性もあります。

そこで、当サイトでは、ネットの口コミを元に家庭用脱毛器を徹底調査。デリケートゾーンを綺麗できる脱毛器を厳選しました。

こちらの脱毛器を使えば埋没毛を残さず、ムダ毛を自己処理することができますよ。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

1.脱毛器選びのポイントは?

1-1.連射機能が多い

脱毛器には連続機能が搭載されています。一般的には連射回数が多い脱毛器の方が高い効果を感じられます。

また、連射回数が多いと広範囲にムダ毛を処理できるため、脱毛にかかる時間が短縮できます。デリケートゾーンが剛毛な方も短時間で処理が可能です。

1-2.照射回数が多い

脱毛器のカートリッジには照射回数の上限が決まっています。照射回数を上回るとカートリッジが使用できなくなり、カートリッジ交換が必要となります。

最初から照射回数が多い脱毛器なら、カートリッジ交換が少なくて済むためコストカットになります。

1-3.最新機能を搭載

最新の脱毛器にはさまざまな機能が搭載されています。例えば、オート機能が搭載されている脱毛器なら、自動で脱毛できるため操作の手間を大幅に省けます。

人工知識が搭載されている脱毛器なら、熱を自動調整してくれるため機器の発熱予防はもちろん、心地よい脱毛が可能です。

2.デリケートゾーンにおすすめの脱毛器

2-1.ケノン

  • 価格:69990円
  • 機能:IPL(フラッシュ)脱毛

照射回数13万2万発と他社を圧倒するフラッシュ型脱毛器のケノン。照射部位やムダ毛の状態に合わせて付け替えのできる専用カートリッジが4種類付属しています。

出力は10段階のレベルで調整可能。皮膚が薄い部分に使用できるレベル1から、脱毛サロンレベルの照射ができるレベル10まで、好きな出力で調整できます。

最大6ショットの分散連射で痛みを和らげることも可能です。Vラインの狭くてデリケートな部分に15mm×30mmのスリムカートリッジで脱毛していくのがポイントです。

カートリッジの照射回数はディスプレイ表示されるため、交換時期も分かりやすいです。また、照射時間は1万分の4秒という短さで、とにかく痛みがないのが特徴です。

肌にも優しいため敏感肌の方でも使用できます。さらに脱毛後の仕上がりも非常に綺麗です。専用ジェルや化粧品は不要で、お手入れの目安は2週間に一回となります。

皮膚との接触部分に金属は使用していないため、金属アレルギーの方も使用できます。人工知能が搭載されているケノンでは30通りのオート照射も設定できるので、機械の操作に弱い方にもおすすめです。

1ショットあたり0.05円と業界最安価格のケノン。さらに照射範囲は業界最大の7cmなので、効率的にムダ毛処理が行えます。Vライン照射なら5~20発で完了。13万2先発入りなので、何回使っても全然減りません。

ケノンはデリケートゾーンだけでなく、美容皮膚科のフォトフェイシャル並みの美顔機能が搭載されています。さらにまゆげ脱毛器も付いているので顔の手入れはバッチリ。デリケートゾーンを綺麗にした後は、フェイシャルケアを楽しめますよ。

しみ、しわ、たるみ、ニキビ跡、毛穴汚れ、肌荒れなど9種類上のアンチエイジングケアも利用できます。そして何より、わずか数分でお手入れ完了するのが嬉しいポイントです。デリケートゾーンのみなら、最短1分で完了します。

口コミ

  • 久々に会った友達から「肌が綺麗になったね!」と言われるのが嬉しいです。
  • ケノンを使用し始めてから埋没毛ができなくなりました。
  • 産毛も太い毛もバッチリ脱毛できます。
  • 脱毛器は痛いという固定観念を持っていたのですが、ケノンは痛みを感じずデリケートゾーンの脱毛をすることが出来ました。
  • ケノンで脱毛をした後は1週間ムダ毛が生えてきませんでした。
  • 最近は1週間に1回程度使っているのですが、きれいな肌を維持できています。
  • 体全体の脱毛をする際にも使用していて、効果が高いことを実感しています。

2-2.エピナード

  • 価格:86800円

脱毛効果に満足しなければ、条件なしで全額返金が可能なエピナード。脱毛方式は黒のメラニン色素に反応して、ムダ毛を根絶する光脱毛方式IPL脱毛を採用。

プロサロンの多くでも採用されている方式で、エピナードなら家庭でIPLを体感できます。痛みがなく、毛根から脱毛するので、埋没毛を残さず長期間ムダ毛のない状態をキープできますよ。

さらに、IPLなら新たに生えてくる毛が薄くなっている場合が多いです。剛毛なデリケートゾーンでも、だんだんと薄くなっていくかもしれません。

除毛後のケアとして、コラーゲンやアロエエキスなどを含んだモイストケアジェルが付いています。照射後のケアとして乾燥対策はもちろん、美肌ケアにもなりますよ。抑毛効果のある大豆エキスも配合。次の毛が生えるまでの周期を遅らせることが出来ます。

Vゾーンだけなく、I、Oラインの脱毛にも定評があるエピナード。光美顔モードも付いているため、デリケートゾーンをお手入れしたついでに顔を綺麗にすることも出来ます。

定期コースなら初回金額9800円で購入できるので、お金がピンチな方でも購入しやすいです。専用のジェルも併用すれば、ツルスベなデリケートゾーンが手に入ります。

安価ではない家庭用脱毛器では珍しい全額返金保証付き。期間も30日間と非常に長く、なんと返品条件は特になし。実際に使ってみて、気に入らないと思ったら全額返ってきます。初めて脱毛器で心配な方はエピナードなら金銭的リスクなしで購入できますよ。

2-3.ラヴィ

  • 価格:39800円
  • 機能:インテンスパルスライト IPL脱毛

IPL脱毛方式で光脱毛ができるラヴィ。レーザーと違ってインテンスパルスライト方式は拡散しやすいタイプとなります。拡散するメリットとして、1度に広範囲のムダ毛を処理すること可能となります。

その結果、肌に長時間光を当てないので、皮膚表面の温度が高くならず肌の負担を減らせます。仕上がりもサロン並みで、美肌効果も高いです。カートリッジの照射回数は10万発以上。全身を250週できる計算となります。

口コミ

  • デリケートゾーンの手入れがしやすいです。
  • 照射回数が多いうえカートリッジが安いので、とても助かっています。
  • デリケートゾーンに何度も使用しているうち、ムダ毛があまり生えてこないようになりました。
  • デリケートゾーンのムダ毛処理は痛いと思っていたのですが、全然痛みを感じませんでした。

2-4.ノーノーヘア

  • 価格:28381円

家電メーカーとして有名なヤーマンプロデュースのノーノーヘア。全国の家電量販店でシェアNo1の売上を誇ります。また、人気は日本にとどまらず、アメリカをはじめとした世界でも大人気。

手軽に除毛できる家庭用脱毛器として、絶対的な地位を気づいている脱毛器です。独自の技術サーミコン式と呼ばれる脱毛法で、ムダ毛を剃らずに熱処理。

もちろん、やけどの心配はありません。角質層に触れないことで、皮膚表面を守りながら脱毛が可能。肌荒れしやすいデリケートゾーンでもバッチリと使えますよ。

ノーノーヘアはレーザーやフラッシュ型の脱毛器ほどの高品質な脱毛は出来ませんが、手軽に脱毛したい方に向いています。値段もフラッシュ式に比べてお手頃です。

価格が安いうえ、14日の全額返金保証も付いているため、初心者向けの脱毛器と言えます。
見た目も可愛く、コンパクトな軽量設計となっています。

2-5.センスエピ

センスエピはコンパクトで使い勝手がいい脱毛器です。細毛のアンダーヘアも綺麗に脱毛してくれます。化粧ポーチに入るほど小さいので持ち運びにも便利です。

1万円台で脱毛できる家庭用脱毛器としてコストパフォーマンスにも優れています。肌色センサーにより日焼けした黒い肌でも、脱毛できるか判断してくれます。

3.Vラインにおすすめの脱毛器

Vラインを綺麗にすると、下着から毛がはみ出ないですし、生理の時も清潔です。あるいは、彼氏に喜ばれることもあるでしょう。Vラインの脱毛は、除毛クリームやカミソリが一般的ですが、肌を痛めず、簡単に脱毛するなら断然家庭用脱毛器です

しかし、Vラインに使える脱毛器となると、どれを選べばいいのか分からないですよね。下手に安価な脱毛器を買ってしまうと、Vラインが汚くなってしまうばかりか、結局はカートリッジ代などで損する可能性があります。

ここではVラインを綺麗に脱毛できる家庭用脱毛器を厳選しました。

3-1.ケノン

Vライン用のカートリッジが利用可能できるケノン。脱毛サロンでも採用されているIPL光脱毛方式なので、ムダ毛を毛根から除去。黒いボツボツを残さず、ツルツルのデリケートゾーンを手に入れる事が出来ます。埋没毛を残さないので、とっても綺麗な仕上がりですよ。

また、照射面積が広く、13万2千発という圧倒的なショット数により、業界最高のコスパを実現しています。Vゾーンなら、わずか3~15発しか使わないので、使っても使っても減りません。

施術時間もわずか1~5分なので、超時短脱毛が可能です。急に彼氏が家に来ることになっても、すぐに対応できますよ。

3-2.センスエピ

センスエピは全身どこでも使用できる脱毛器です。1万円台で全身どこでも脱毛できるコストパフォーマンスが魅力。小型軽量化がかなっているため、コンパクトで使いやすくて、届きにくいところ、デリケートゾーンの脱毛にもぴったりです。

化粧ポーチなどにも入れて持ち運びが出来るので、いざ水着を着ようとした時に、お手入れしてなかった、なんて時にも安心ですね。

また照射は1秒間隔で出来るので、時間もかからずスピーディーです。脱毛レベルも調整できるので安心ですね。Vラインはデリケートな箇所ですから、安心して使用できることが一番です。

3-3.ノーノーヘア

ノーノーヘアは独自技術サーミコン(熱線式)という脱毛方法を使用しての脱毛です。音も静かで使う場所や時間を選びませんし、安心して使うことが出来ます。

簡単に使えてしかも肌へのダメージも非常に少ないこと、コンパクトで持ち運びしやすいと人気です。

しかも使用方法も肌の上を一定のスピードでゆっくり滑らせるだけという簡単さですから、脱毛初心者にも安心ですね。デリケートなVゾーンも安心して使用することが出来ます。特許も取得している独自の脱毛方法で安全に確実に脱毛しましょう

3-4.エピナード

超本格的なIPL脱毛を体感できるエピナード。何と言っても30日間全額返金保証という家庭用脱毛器ではあり得ない保証が最大の特徴です。脱毛器はカミソリや除毛クリームと違い値段が安くないので、普通は返金保証を付けません。

ですが、品質に自信のあるエピナードは何と無条件で返金保証を付ける大盤振る舞い。もし、実際に使ってみてデリケートゾーンに黒いぽつ毛が残った・・なんて事があればすぐに返金してくれますよ。

とは言え、光IPL方式なのでムダ毛が残ってしまうことはまずないですが。Vラインは敏感部位なので、脱毛後はエピナード付属のジェルでケアするといいですよ。

4.Iラインにおすすめの脱毛器

Iラインはデリケートゾーンの中でも痛みを感じやすい部位です。また、ほとんどの脱毛器が、Iラインの使用を推奨していません。

Iラインに脱毛器を使用する際はレーザータイプよりもフラッシュ脱毛(光脱毛)の方が、痛みが少なくておすすめです。脱毛器を使用する際は一番弱い出力から始めましょう。そして、粘膜部分には使用しないように注意が必要です。

さらに、生理前や生理後などホルモンバランスが崩れている時の使用は避けるようにしてください。

4-1.ケノン

ケノンは公式サイトではIラインの使用が薦められていません。しかし、口コミではIラインを綺麗に脱毛できると話題になっています。

Iライン脱毛に人気の理由は照射レベルがキメ細かいこと。10段階のレベル調整で痛みを抑えながら脱毛できます。また、6連射にするとさらに痛みを分割できます。

ケノンは黒に反応する脱毛器なので大陰唇の色が濃い人は使用の際に注意しましょう。

4-2.イーモリジュ

出力が10段階のイーモリジュ。Iラインは自己責任での脱毛となりますが、気を付けて施術すればセルフ脱毛が可能です。

必ず、照射レベル1からはじめて、保冷パックを使いながら施術部分を冷やしましょう。肌のダメージを最小限に抑えることが出来ます。

4-3.トリアパーソナル

FDAの認可を受けた唯一の家庭用レーザー脱毛器、トリアパーソナル。レーザー脱毛器なので施術に痛みがあるのが欠点ですが、脱毛効果は非常に高いです。

Iラインに使用する際は最も弱い出力から始めましょう。粘膜部分にはあてず、外側部分だけ脱毛するようにしましょう。

5.Oラインにおすすめの脱毛器

5-1.ケノン

ケノンは、フラッシュタイプの脱毛器として人気です。Oラインのような見にくい場所は中々1発の照射で脱毛が成功できるとは限りませんよね。

そんなコストを心配する人でも、ケノンであれば「13万2千発」も照射ができるので心配なく見にくい箇所の脱毛をすることができます(価格にすると1発コスト0.05円)。

Oラインは、照射レベルを弱めて様子を見ながら脱毛しましょう。口コミでは、キズテープを肛門サイズに切りとって貼り付けると良いと言われています。

5-2.センスエピ

コンパクト&スピーディが特徴のセンスエピは、ポーチにも入れることができるサイズで、照射感覚は1秒感覚です。

最先端光技術を利用して専門チームによって作られたセンスエピは、独自の「肌色センサー」が搭載されているので日本人の肌でも安心して使用することができます。

そして、Oラインのような細かい箇所でも脱毛できるよう小照射面(0.9センチ×3センチ)となっているのも特徴的です。

5-3.ノーノーヘア

ノーノーヘアは、独自の技術の熱線によってムダ毛を瞬時に脱毛する「サーミコン式」を搭載している脱毛器です。皮膚の表面を毛抜きで抜いたり、カミソリで剃ったりして傷つけないため、肌に優しいです。

Oラインは、デリケートなので直接肌に触れること無く脱毛できるのは嬉しいポイントです。脱毛後のローションケアも肌を傷つけたり、炎症が起きる心配が無いので、安心してケアできます。小さく音も静かなので場所や時間帯を選ばないです。

6.ケノンがあれば脱毛サロンに行かなくていい?

VIO脱毛で最もおすすめのケノン。脱毛サロンで使用される光脱毛を家庭で利用できます。本体価格は決して安くないですが、わざわざ脱毛サロンまで足を運ぶことなく、自宅で空いた時間にでもセルフ脱毛できるのが強みです。

実際の効果も照射面積やパワーは申し分なく、レベルの調整ができるので部位によってショットの強弱が行えるのも嬉しいポイントです。時間はかかりますがデリケートゾーンだけでなく、全身を綺麗に脱毛することもできます。

脱毛サロン要らずのケノンですが、やはり1人で処理をするのには限界があります。人の手が必要と感じたら脱毛サロンも利用するといいでしょう。特にOラインなど自分で処理するのが難しい箇所は、脱毛サロンの方が無難です。

Vラインなら家庭用脱毛器で十分なので、ケノンを使って綺麗にしてくださいね。脱毛サロンを利用する場合は以下の記事を参考にしてください。

デリケートゾーンにおすすめの脱毛サロンを完全比較

2017.12.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です