デリケートゾーンの臭いをケア・対策する石鹸比較

デリケートゾーン

デリケートゾーンの嫌な臭いに悩んでいませんか?

生理中や夏場は特に気になりますよね。蒸れているとより臭いは強くなります。今回は、デリケートゾーンの臭いをケア・対策する石鹸を紹介します。

デリケートゾーンの臭いに悩んでいる方はぜひ参考にして下さいね。

1.デリケートゾーンの臭いをケアする石鹸の選び方

1-1.医薬部外品の殺菌効果

デリケートゾーンは粘膜の自浄作用により、ある程度の殺菌能力を持っています。

しかし、体調の良し悪しや蒸れ、清潔の度合いによって殺菌能力が低下する場合があります。肌に優しい医薬部外品なら、なお効果的です。

1-2.ジャムウ成分を配合

必須条件ではありませんが、インドネシアの民間伝承薬であるジャムウを活用した石鹸なら、女性の繊細なデリケートゾーンを徹底的にケアしてくれます。臭いだけでなく美肌、美白、保湿効果のある天然植物エキスなので、肌へ刺激を与えることがありません。

デリケートゾーンの臭いは、肌の健康状態が悪いことも原因となります。健康な素肌には適正量の常在菌がいるため、臭いの元を抑えてくれます。ジャウム成分が配合されていれば、過剰繁殖した雑菌を抑えて健康な素肌を取り戻すことが可能です。

1-3.無添加タイプ

デリケートゾーンの皮膚は体の中で最も薄く、刺激や摩擦に耐性がありません。新陳代謝の乱れた肌が、刺激から肌を守ろうとメラニンを過剰生成すると、それを排出できずに黒ずみとなっていきます。

そんな繊細なデリケートゾーンですので、素肌と同じ弱酸性の石鹸や、肌に優しい無添加のタイプを選ぶ必要があるでしょう。ビタミンが配合されていれば、さらに効果的です。

2.デリケートゾーンの臭い対策におすすめの石鹸

2-1.イビサソープ

イビサソープ

イビサソープはデリケートゾーンの臭いケアとして最も人気が高いです。密集するアポクリン腺から発生する汗や雑菌が混じった臭い、月経時の血のニ臭いにアプローチし、雑菌の除去・消臭・防臭効果が期待できます。

また、スソワキガ(デリケートゾーンの臭い)以外にも、ワキの臭いや加齢臭など全身に使用できます。

イビサソープの配合成分はほぼ天然由来で、医薬部外品として認可を受けています。殺菌効果のあるイソプロピルメチルフェノール、肌を整えるグリチルリチル酸ジカリウム、ハーブを原料としたジャムウ成分など、6種の自然由来成分配合で肌を保湿・殺菌していきます。

配合成分は無添加で、ビタミン誘導体も配合されているため、臭いだけでなく黒ずみ改善効果も期待できます。

2-2.ラヴージュ

ラヴージュ

生石鹸と保湿美容液がセットで販売されているデリケートゾーン専用コスメのラヴージュ。パッケージが可愛いラヴージュはぬめり洗浄が特徴で、生石鹸には35種類、保湿美容液には49種類の美容成分が配合されています。

黒ずみ改善も有効なラヴージュ。カロテンが豊富で肌の再生力を高める無農薬の国産サフランが効果的。臭いケアではティーツリーオイルが殺菌、消臭効果を発揮してくれます。ユーカリオイルが配合されているため、殺菌だけでなく抗菌作用も期待できます。

添加物は不使用なので、脇の下や足裏の臭いのケアもOK。保湿成分がたっぷり含まれているため、洗顔として使用すること可能です。洗顔に使用すれば顔の臭いをケアすることができますよ。

2-3.ジャムウハーバルソープ

ジャムウソープ

ジャウムハーバルソープは天然植物原料のデリケートゾーン専用石鹸です。臭いケアはもちろん、黒ずみや肌荒れ改善効果も発揮します。

ジャウムハーバルソープはインドネシアの民間伝承薬ジャムウを取り入れた石鹸で、天然ハーブが主原料です。使用すると肌に優しく健康的な素肌になります。

その他、サトウキビ・茶渋・柿タンニンなど有名な臭いケア成分を網羅。プラセンタ・カミツレ・まぐわエキスといった複数の美白成分も配合しています。さらに、毛質を整える抑毛成分も含まれているため、アンダーヘアが剛毛な方でも使いやすいです。

3.生理の臭い対策

生理の臭いに悩んでいませんか?オリモノの甘酸っぱい臭いがに経血の臭いも加わって嫌ですよね。

3-1.生理が臭う原因

整理中に限りませんが、デリケートゾーンの嫌な臭いは雑菌が繁殖することによって起こります。デリケートゾーンの構造は複雑で入り組んでいるので、高温多湿になりやすく、雑菌が繁殖しやすい環境です。

生理中はナプキンで通気性が悪くなり、湿度がこもりやすいです。さらに、経血が空気に触れることで雑菌が繁殖するので、嫌な臭いを作る原因となります。

また、ワキガで有名なアポクリン腺はデリケートゾーンに密集しています。そして、生理中の乱れたホルモンバランスによって刺激を受けて活性化します。

アポクリン汗腺から出る汗自体は無臭ですが、分泌物には脂肪やタンパク質、アンモニアが含まれていて、雑菌に分解されると強烈な臭いを発します。

生理時の経血は血液が主成分だと思ってしまいますが、実際に経血に混じっている血液は10%ほどです。経血のほとんどは子宮内膜や膣からの分泌物と酵素で、これらが雑菌の餌となって嫌な臭いを発します。

3-2.生理中の臭いケア

(1)ナプキンを2~3時間で変える

まずは雑菌を繁殖させないことが一番です。通気性の良いシルクか綿の下着に変えて、ナプキンの交換は2時間か3時間に1度の目安にしましょう。経血が空気に触れると雑菌が繁殖するのは、経血に含まれる酵素が空気によって分解されるためです。

分解された酵素は雑菌の餌となり、雑菌が増え出すのは経血が分解されてから2〜3時間後だと言われています。そのため、2,3時間おきにナプキンをこまめに変えることは臭い予防として非常に有効な手段なのです。

(2)布ナプキンを使用する

生理用ナプキンは通気性より吸収性が重要です。ポリエチレン・ポリエステルなど石油由来成分のナプキンは蒸れやすいです。完璧に臭い対策をしたいなら布ナプキンの使用をおすすめします。

布ナプキンは手洗いの手間がかかりますが、臭いだけでなく生理痛が軽減される効果もあるため、検討してみてはいかがでしょうか。

アンダーヘアに経血が付着した状態で放置すると臭いの原因となります。ウォシュレットを使用して清潔を保ったり、アンダーヘアを日頃から短くカットしたりして事前に対策した方がいいでしょう。ウォシュレットに関してですが、使いすぎには注意しましょう。

※ウォシュレットについて

ウォシュレットを多用すると肛門付近に存在する大腸菌やブドウ球菌が粘膜に入り込みやすくなります。さらに膣内の自浄作用を行なっている乳酸菌が流れていってしまう恐れもあります。

ウォシュレットだけでなく、入浴時も洗いすぎに注意です。専業する時は、デリケートゾーン専用の石鹸で優しく丁寧に洗いましょう。自浄作用を行なう常在菌が減少すると雑菌が繁殖してしまいます。

そして、膣内を石鹸で洗うのは絶対にNGです。どうしても膣内を洗いたい場合は、専用のビデを使って膣洗浄しましょう。

4.おりものの臭い対策

おりものが臭いと感じたことはありませんか?

そもそも、おりものとは日常的に膣口から出てくる粘液や組織片のことを言います。おりものは通常透明、あるいは乳白色をしていて排卵周期によって粘度と色が変わります。正常なおりものでも無臭ではありません。

おりものは弱酸性で乳酸菌が常在しているため若干甘酸っぱい臭いとなります。生理前にはその臭いが少し強くなります。

4-1.おりものが異常な場合

年齢や体調、生理周期によって日々変化するおりもの。おりものは女性ホルモン(エストロゲン)と密接に関わっているため、その増減によっておりものの量も比例します。

したがって、女性ホルモンの分泌が活発な20代はおりものの量が多くなりますが、閉経後は格段におりものが減少します。また通常なら透明から白濁、黄色へと変化するおりものですが、色がおかしかったり、明らかに強い刺激臭や腐敗臭がしたりする場合は病気の可能性があります。

おりものがチーズ臭い場合は膣炎の可能性がある

おりものが、チーズ臭いと感じたことはありますか?おりものがチーズ臭い場合、性病ではないかと不安になりますが、多くの場合はカンジダ膣炎か細菌性膣炎の可能性が高いです。

これらの膣炎は性交渉の関係はなく、疲れやストレス、陰部の洗いすぎが原因です。悪化させると不妊症の原因になりますので、状態が悪い場合は婦人科へ受診しましょう。

4-2.おりものの臭い対策

おりものは以下の原因により嫌な臭いを発生する可能性があります。

  • 陰部の清潔が保たれておらず雑菌が繁殖
  • ストレスや体調不良で女性ホルモンが乱れ、自浄作用機能が低下
  • 抗生物質や風邪薬の服用で膣の自浄作用を行なうデーデルライン桿菌まで殺菌されて雑菌が繁殖しやすくなっている
  • 洗浄力の高い石鹸でデリケートゾーンを洗いすぎて自浄作用の妨げとなっている

対策法としては以下を参考にして下さい。

(1)清潔を保つ

通気性の良い下着を身につけ、デリケートゾーンを清潔に保ちましょう。生理用品やおりものシートはこまめに買えるように心がけましょう。

(2)免疫力を上げる

バランスの良い食生活、十分な睡眠、適度な運動を取り、精神的に身体的にもストレスをためないことが免疫力アップにつながります。

(3)洗いすぎない

頻繁にビデを使用したり、デリケートゾーンを必要以上に洗いすぎたりするのはNGです。陰部はデリケートゾーン専用石鹸で優しく洗いましょう。

(4)乳酸菌を取る

膣の自浄作用を高めるために、乳酸菌を多く含む食べ物を食べましょう。ヨーグルト・チーズ・味噌・醤油・漬物には良質な植物性乳酸菌が含まれています。

(5)生理の終盤に膣洗浄をする

終わりかけの経血は酸化して臭いがきついので、専用のビデを使って膣洗浄をしましょう。膣洗浄すると生理も早く終わりますしスッキリとして気持ちいいですよ。

5.クリトリスの恥垢対策

クリトリスの恥垢は女性なら誰もが存在します。恥垢の主な原因は、バルトリン線から出てくる分泌物です。洗い難いこともあり、分泌液はクリトリスの包皮下に溜まりやすいです。放置すると恥垢結石になる恐れもあります。

5-1.洗浄方法

対策法としては、クリトリスの包皮をめくって洗う必要があります。クリトリスの包皮下は刺激に弱いためゴシゴシ洗いはNGです。片手で皮を持ち上げるようにして剥くと露出しますので、慎重に洗いましょう。

ボディ用のソープは刺激が強いので、粘膜と同じ弱酸性のデリケートゾーン専用石鹸が望ましいです。また、大陰唇と小陰唇の間にも恥垢はたまるので、大小のビラビラの間を指の腹で優しく洗います。

5-2.洗いにくい場合

通常だと1/3〜2/3はクリトリスが露出しているはずですが、完全に隠れている場合は真性のクリトリス包茎となります。仮性のクリトリス包茎なら手で剥けますが、真性の場合は無理に露出させず、できる範囲で洗浄を行えば問題ありません。

クリトリスの洗浄が終わったら、白い恥垢が残っていないか最後にチェックしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です