デリケートゾーン

デリケートゾーンの黒ずみに効くクリームを完全比較

デリケートゾーンの黒ずみを改善するのはとても大変ですよね。

そんな時に役立つのがデリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームです。デリケートゾーンの黒ずみは専用クリームで毎日ケアすれば、いずれ色素が薄くなっていきます。しかし、問題はどの商品を選ばべいいのか分からないことです。この記事では、デリケートゾーンの黒ずみに効果的なクリームをご紹介します。 ぜひ参考にしてくださいね。

1.デリケートゾーンに黒ずみができる原因

デリケートゾーンにできる黒ずみは摩擦や刺激が原因でメラニンが発生し、色素沈着を引き起こすことで黒ずみが発生します。まぶたよりも皮膚が薄いデリケートゾーンは、肌細胞(メラノサイト)が活発化して肌を守ろうとメラニンが生成されます。通常はメラニンが発生しても、色素沈着になる前にターンオーバーによってメラニンを排出します。

しかし、ターンオーバーが遅れるとメラニンが蓄積されて陰部に黒ずみが残ってしまいます。ターンオーバーはホルモンバランスが崩れたときも乱れます。下着や衣類が擦れることで発生するメラニンは完全に予防できませんが、28日周期のターンオーバーを促進させてメラニンの排出を防ぐことは可能です。

さらに、保湿をすれば乾燥からの刺激を防ぎ、黒ずみを予防できます。その他の黒ずみの原因としては、紫外線もメラニンを発生させてデリケートゾーンを黒くします。デリケートゾーンは直接日光を当てなくても紫外線による刺激を受けてしまいます。夏場は薄い衣類で出歩くことが多くなるため、特に紫外線を通しやすいです。

2.デリケートゾーンの黒ずみにオススメのクリーム

(1)イビサクリーム

イビサクリーム
  • 内容量35g
  • 価格 7000円
  • 主な成分 BG グリセリン シロキクラゲ オウゴンエキス

イビサクリームは黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑えることが出来ます。4種類の植物成分を配合。メラニンを元から分解する働きがあります。黒ずみの原因に直接アプローチできます。成分は保湿性・抗炎症作用に効くサクラ葉抽出液、炎症抑制・保湿作用のあるカモミラエキス、保湿性・抗炎症作用にはダイズエキスを使用。

美白・抗炎症作用にはオウゴンエキスが配合されています。また、4種類の植物成分(サクラ葉抽出液、カモミラエキス、ダイズエキス、オウゴンエキス)が乾燥や黒ずみを防ぎ、蓄積されたメラニンを美白できます。その他、配合成分のトラネキサム酸は黒ずみを薄くして美白する効果が高い成分です。

トラネキサム酸にはメラニンの生成を抑制しくすみをケアする効果があり、グリチルリチン酸2Kは肌荒れ防止や炎症の沈静化を行い、肌の調子を整える働きがあります。イビサクリームはブラジリアンワックス専門の脱毛サロンが開発したホワイトニングクリームです。国産で無添加、医薬部外品の指定も受けています。VIOラインだけでなくひじ、脇、乳首など全身に使用できます。

顧客満足度は96.7%を誇るイビサクリーム。注目成分は薬用成分のトラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kです。イビサクリームは1本で化粧水・美容液・乳液・クリーム・パックの5つの効果があります。使用方法は朝と夜に1回ずつ1円玉程度のクリームを塗るだけでOK。美白と同時に保湿効果を高めて肌の調子を整えるのが特徴的です。

テクスチャーの伸びもよく、1ヶ月から1月半は使用できるため、コスパ面でも優秀です。イビサクリーム通常価格7000円ですが、定期コースなら4970円で購入できます。

口コミ

あかりさん 21歳

肌の潤いを感じ、乾燥によるかゆみを防ぐことが出来ました。使い続けていくうちに黒ずみも徐々に薄くなっていきました。今ではコンプレックスではなくなり、デリケートゾーンの悩みが解消されました。

まやさん 26歳

返金保証があることで安心して購入できました。乾燥しなくなったことで肌荒れを防げています。イビサクリームを購入してよかったです。

さおりさん 29歳

脱毛でデリケートゾーンのムダ毛がなくなりましたが、黒ずみが酷くてイビサクリームを買いました。現在はデリケートゾーンの黒ずみは薄くなってきているので、水着を着ても安心です。

あかり 22歳

脱毛サロンに通い始めてからデリケートゾーンの黒ずみが気になりだして使い始めました。1ヶ月経った頃に彼氏に「色が薄くなったね?」と言われてびっくりしました。

しおり 26歳

初めはデリケートゾーンのみ使用していましたが、効果が大きいので今では全身に使っています。肌に優しい成分なのでバストトップに使っても肌荒れしないのが嬉しいです。

イビサクリームの公式サイト

(2)ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム
  • 内容量35g
  • 価格 7000円(定期コース4250円)
  • 主な成分 プラセンタ グリチルリチン酸 ビタミンC誘導体 米ぬかエキス

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームは、敏感肌の方でも使用できます。シリコンや石油系界面活性剤、着色料やアルコール、など添加物はすべて不使用です。通常価格は7000円ですがが、定期コースなら4250円で購入できます。美白成分が豊富に配合されていて、赤ちゃんにも使用できるほど優しい成分なのが特徴的です。

口コミ

かなえさん 18歳

オールシーズンに対応で、デリケートゾーンの黒ずみに効果を感じました。保湿成分がたっぷり配合されているので、肌を守りながら潤いを与えてくれます。かゆみが収まり肌荒れを改善できました。

えりかさん 20歳

使い心地に満足しています。私は敏感肌なのですが、デリケートゾーンに塗っても問題はありませんでした。黒ずみも薄くなってきたので使用してよかったです。

ちあきさん 26歳

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームは周りにバレにくいところが気に入っています。彼氏が家に来る際にも、化粧品と同じ場所に置いてあるためデリケートゾーンのケア商品には見えません。

ハーバルラビットの公式サイト

(3)ピーチジョン デリケートウォッシュオイル

ピーチジョン
  • 内容量 100ml
  • 価格 3500円
  • 主な成分 セージ スイカズラ カリン ローズヒップ

低価格で黒ずみをケアできるピーチジョン デリケートウォッシュオイル。1本で約2ヶ月使用できるためコスパがいいです。ローズの香りで、デリケートゾーンの臭いも黒ずみと同時にケアできます。ピーチジョン デリケートウォッシュオイルは日本各地で栽培されている植物を配合。無農薬で栽培されたフルーツやハーブを原料にしていています。

天然保湿成分も配合されているため、敏感なデリケートゾーンの肌を優しく守ってくれます。合成着色料や合成染料は不使用です。また、ピーチジョン デリケートウォッシュオイルでは黒ずみだけでなく汚れやニオイの原因となる古い角質をオイルで浮かせて洗い流します。サッパリした洗い心地で刺激が少ないのが特徴です。

ピーチジョン デリケートウォッシュオイルはお風呂で使用します。2~3プッシュ手に取り、デリケートゾーンになじませてケアします。ケアして3分経ったらお湯で優しく洗い流すだけで、簡単にケアが完了します。使用し続けると、肌に透明感が増していきます。

口コミ

りかこさん 30歳

価格が高いのですが、効果があるためとても気に入っています。ニオイは使用した翌日からなくなり、使い続けているうちにデリケートゾーンの黒ずみも解消されています。

ももかさん 24歳

お風呂で手軽に使用できるところが気に入っています。家族と一緒に住んでいる場合でもお風呂で使用できるので、バレずに毎日使用しています。

みゆきさん 28歳

カサつきとかゆみが気にならなくなり、黒ずみを予防できています。今まで蓄積された黒ずみも改善してきているので、使用して良かったです。

(4)その他のおすすめ

ホワイトラグジュアリー

ホワイトラグジュアリーは徹底的に無添加にこだわったバストトップ用の美白クリームです。医薬部外品であり、乳首だけじゃなくデリケートゾーンを含めた全身の気になる黒ずみに使用できます。

赤ちゃんの素肌に触れても安全なほど低刺激で美白成分が7種も配合されています。国内で厳格な品質管理のもと生産されていて、高レベルの審査基準をクリアした製品のみ出荷されています。3種類のビタミンが基底層までアプローチ。徹底した美白ケアが期待できます。

ホスピピュア

ホスピピュアは湘南美容外科監修の肌に優しい黒ずみケアクリームです。粘膜を避ければIOラインのギリギリまで使用できる製品で、医薬部外品の認可を受けています。また、乳首の黒ずみも対応しています。美白成分トラネキサム酸が肌本来の自然なカラーに導いてくれるホスピピュア。

ハイドロキノンや人口生成されたビタミンC誘導体など刺激の強い漂泊成分は使用していません。天然由来成分にこだわった製造で、アルコールをはじめとした5つの無添加処方を実現しています。平均して3ヶ月ほどの継続使用で効果を実感している利用者が多いです。効果が実感できなければ90日間の返金保証もついています。

3.デリケートゾーンの黒ずみを普段から予防するには?

(1)下着を変える

まず、下着のサイズが合っていない場合は刺激を起こしやすいので、すぐに取り替えましょう。 素材はコットンやシルクなど、肌に優しい下着を選ぶといいです。擦れを少なくできるため黒ずみ対策となります。

  • トイレットペーパーでゴシゴシ拭かない
  • ナプキンはこまめに交換して清潔を保つ

などの対策も黒ずみ改善に有効です。下着以外の衣類はUVカット加工なら、紫外線対策となりメラニンの発生量を落とすことができます。

(2)体の洗い方に気をつける

お風呂でハードなナイロンタオルを使用している場合は、強い刺激を肌に与えてしまいます。お風呂ではお湯で皮膚が柔らかくなっているため、体をゴシゴシ洗うと、通常以上に刺激を与えてしまいます。当然、デリケートゾーンは刺激を受けやすいので注意が必要です。

弱酸性の石鹸で洗う

デリケートゾーンの皮膚はとても薄くて敏感です。必ず肌質と同じ弱酸性の石鹸を使用しましょう。防腐剤や、界面活性剤が入っていないデリケートゾーン用の石鹸を使用するとなお良いでしょう。洗い方はふわふわに泡立てた石鹸で2分間パックし、ぬるま湯で洗い流すのがおすすめです。

スペシャルケアで重曹を使う

黒ずみが酷いと感じた時は、重曹をお風呂に混ぜてスペシャルケアをしてみましょう。重曹をお風呂で使用することで、厚くなった角質や毛穴に詰まった皮脂を取り除くことができます。

(3)自己処理を控える

カミソリや毛抜きを使ってデリケートゾーンの自己処理を行う方も黒ずみの原因となっている可能性があります。脱毛サロンは黒ずみ改善になると言われるのは、デリケートゾーンに対して低刺激で優しい脱毛が可能だからです。

デリケートゾーンが蒸れている場合は、刺激にかなり弱くなっているので自己処理による脱毛は控えましょう。デリケートゾーンをどうしても脱毛したい場合は、脱毛サロンか脱毛クリニックを利用するといいでしょう。

デリケートゾーンにおすすめの脱毛サロンを完全比較デリケートゾーンを処理したいけど、どこの脱毛サロンを選べば良いんだろう・・・。 デリケートゾーンの脱毛はなかなか人に相談できず、ど...
デリケートゾーンが施術できるおすすめの医療脱毛クリニック医療脱毛クリニックでデリケートゾーンを脱毛したい! 脱毛サロンと比べて敷居が高いと思われていた医療脱毛ですが、以前よりもかなり身近...

4.クリニックや皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみは治せる?

デリケートゾーンの黒ずみはクリニックや皮膚科で治すことも可能です。クリニック・皮膚科では、メラニンの合成をブロックするハイドロキノンクリームや、レチノイン酸クリームを使って黒ずみを治していきます。美白効果があるハイドロキノンクリームは、市販で販売されている商品よりクリニック・皮膚科の方が、濃度が高いです。

ハイドロキノンは通常1~2%程度しか含まれていないのですが、クリニックで処方してもらうハイドロキノンは5~10%の濃度があります。また、薬の治療だけでなくビキニラインや外性器周辺の黒ずみが気になる人は、レーザー治療でデリケートゾーンの黒ずみを治すことも可能です。レーザー治療はレーザートーニングとVホワイトニングという治療法があります。

レーザートーニングは弱い出力でムラなく照射することができ、角質層の薄いデリケートゾーンでも炎症を起こすことなく安全に黒ずみを治すことができます。メラニンを少しずつ破壊して黒ずみを治していきますが、麻酔を使わない施術なので多少の痛みを感じます。Vホワイトニングは熱くなった角質や色素沈着、黒ずみを削り取っていく治療法です。

レーザートーニングと違い角質を削り取っていくので、麻酔を使って施術します。麻酔を使うので痛みを感じることがなく、施術にかかる時間は15分程度です。1回の施術で黒ずみが薄くなったと感じる方もいます。VラインやIラインの黒ずみだけが気になる場合は、レーザートーニングで黒ずみを治していきます。

デリケートゾーン全体の黒ずみが気にならVホワイトニングがおすすめです。長期間放置した黒ずみをケアするには、美白ケアだけでは効果を感じられない可能性があります。もし、デリケートゾーン専用クリームを使っても効果が無ければ、クリニックや皮膚科で治療することを考えましょう。

5.まとめ

美白ケアを行うときはデリケートゾーン専用のクリームを使って、丁寧にケアをすることを心がけましょう。デリケートゾーン専用のクリームには、肌に刺激が強い成分は含まれていないので安心して使用することができます。

サプリメントや食事から十分なタンパク質とビタミンを取り、体の内側からもケアできれば完璧です。ぜひ、綺麗なデリケートゾーンを手に入れて下さいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です